プーアール茶ダイエットで痩せよう♪

「プーアル茶はダイエットに効く」ということは一度は聞いたことがあると
思います。しかし、詳しいことは分からないという人も多いでしょう。
ここでプーアル茶の効能についてお伝えしたいと思います。
プーアル茶には脂肪燃焼効果や脂肪吸収を阻止する効果があると
言われています。プーアル茶にはリパーゼという酵素を活性化する
働きがあります。リパーゼは中性脂肪を燃えやすい形に分解してくれる酵素です。
燃えやすくなった脂肪は運動などで消費しやすくなり、ダイエットにつながります。
また、プーアル茶はカテキンが含まれています。カテキンは糖分や脂肪が
腸で吸収されるのを抑制する働きがあります。カテキンは緑茶にも含まれていますが、
プーアル茶のカテキンは重合型カテキンであり、脂肪吸収を阻止する効果が
普通のカテキンよりも強いといわれています。
puarucha

 

プーアル茶はダイエットに良い成分が大量に入っているから痩せる!

 

ほかにもポリフェノールが含まれているので、活性酸素を取り除く効果も期待できます。
老化の防止にもなりますし、胃腸の動きも活発になるので腸内環境も整います。
便秘の人は解消する効果も期待できますね。
プーアル茶にはビタミンやミネラルなども豊富に含まれています。ビタミンやミネラル
は体内環境を整え、健康に役立ちます。
さらに、温かいプーアル茶を飲むことで体を温め、冷え症の改善効果も期待できます。
最近は夏でもクーラーで冷えてしまう人も多いので、一年中冷え症に悩まされている人も
少なくないと思います。冷えをなくすことで、代謝がよくなり、脂肪燃焼効果も高まります。
またむくみの軽減も期待できますね。ぜひプーアル茶はホットで飲むようにすることを
おすすめします。

 

その他の特徴としてプーアル茶は鉄分の吸収を阻害してしまうタンニンがほかのお茶に比べて
少なくなっています。したがって、鉄分不足で貧血の人も安心して飲むことができます。
プーアル茶ダイエットは含まれている成分を取ることで体内環境を整え、痩せやすい
体質になることを目指すものです。すぐには効果が出ないかもしれませんが
継続して飲み続けることが大切です。

 

中国のお茶の中でもプーアル茶はダイエットにぴったり!

koucha
お茶の種類はいろいろありますが、中国のお茶でダイエットを試したことがあります。
もともと薬茶としても中国はお茶の種類が多いので、その中からの見やすいものをブレンドしてもらいました。
ウーロン茶やプーアル茶だけでは苦みが強いので、ジャスミン茶など花茶を足してもらいました。
プーアル茶や黒ウーロン茶は有名ですが、そのほかのお茶にも効果がそれぞれあるようでした。
プーアル茶は体脂肪に効くとされていて、油ものの多い中国でも食事のときに一緒に飲むことが多いようです。
カフェインが多いウーロン茶も体を燃やすのによい成分や、ポリフェノールが紅茶より多く含まれています、
効果の高い成分が多く含まれているのも、中国茶がダイエットに良いとされている理由ですが、ほかにも理由があります。
それは中国茶が基本的に、なにも入れないで飲むお茶ということです。
紅茶はお砂糖やミルクなどをいれるし、ジュースにも糖分が多く含まれています。
また、よくお茶を飲むようにすることで水分を体内に十分に取り入れることができるので、利尿作用なども含めお茶でのダイエットはオススメのようです。
私も、お茶をもともと飲むのが好きで、中国茶も飲んでいましたが効果を気にして飲むことでダイエットにも効いたようです。

 

無理のない糖質制限とお茶によるダイエット

 

私が挑戦した中で1番効果のあったダイエットは糖質制限ダイエットです。
お菓子や果物以外にも主食であるパンやお米のにも糖質は含まれており、1日に食べる物のカロリーの大半は糖質です。
何度もダイエットに挑戦しましたが運動は効果が現れるまで全く続かず、1つの物だけを食べる厳しい食事制限も続かずむしろリバウンドしてしまいました。目標減量は3kgですがこの3kgを落とすのはなかなか難しくいつも苦戦していました。
でもこの糖質制限なら思ったより楽にできました。以前からバランスのとれた食事には気を使っていて、ご飯も茶碗一杯と炭水化物を多く食べているわけではありませんでしたが、カロリーをおえるためにメニューを考えるのは面倒だったのでご飯の量を減らしていきました。

 

糖質は体もエネルギーにとても大切な栄養素なので全く食べないというのはさすがに危ないと思ったので、まずは1ヶ月いつもの量の1/3を減らしました。1/3ご飯が減ったくらいと思っていましたがやはりご飯が減るといつもより早くお腹が空くようになり、始めて1週間は空腹と戦っていました。お菓子も急にやめると続かないと思ったので、半分だけ食べて食べれないストレスを作らないようにしていました。
あんなに辛かった空腹感は2週間目になるとだいぶ楽になり、以前ほど強く空腹感を味わう事はなくなって行きました。1ヶ月が終わる頃には、このご飯の量でちょうどいいと感じていましたが体重の変化はまだありません。

 

お茶を飲むのもダイエットには非常に効果的です。特にダイエットプーアール茶は人気も高いですし効果もあると評判になっています。
詳しい情報はダイエットプーアール茶の口コミを見てみるのが良いです。

 

まずお茶をしっかりと飲んでそのうえで食事制限をする。これがもっとも効果的ですし痩せる為には一番なのは間違いがありません。

 

さて、次の1ヶ月はご飯を元の量の半分にしました。また辛い空腹感が襲ってくると思いましたが、2ヶ月目はそんなに空腹感も感じませんでした。
そしてご飯を半分にして2週間たった頃、体重が1.5kg減っていました。今まで変化がなかったのにいきなり減ったのでビックリしましたがちゃんと効果があった事がとても嬉しかったです。
3ヶ月はご飯をもう一口分減らしさらに1.5kg減りました。
もともと3kg減量が目標だったので目標は思っていたより早く達成できましたが、糖質を減らすと身体が以前よりエネルギーを吸収しやすくなると聞いていたので、またいつもの食事に戻すとリバウンドするのではと心配になりご飯の量は半分のまま続けています。
ご飯半分でも今は満腹感を感じるほどで空腹感は全くありません。
体重は3kg減ったまま維持もできています。時々甘いお菓子が無性に食べたくなり食べてもすぐにお腹いっぱいと感じ食べ過ぎることがなくなりました。食費もおえることができるのでとても助かります。

 

puarucha

 

運動が苦手で、食事制限だけで痩せることができないかな?と思っていました。
しかし、私は食べるのが好きなので食事制限も途中で挫折してしまうのではないか、リバウンドしてしまう可能性が高いのではないか、とも思っていました。
今まで普通に食べていれば太らないはずですし、食べているから太るんだよなというのは理解できていました。
そこで、自己流のレシピではなく、ちゃんとダイエット用のレシピなどを見てそれを作りながらダイエットをしようと決めたのです。
実際に始めてみると、自分が今までどれだけ油ものを摂取していたのかわかるようになりました。
サラダ油やごま油なんか、いつもガンガン使っていたのですが、カロリーを確認して驚いてしまいました。
また、チャーハンやオムライスが好きだったのですが、これもカロリーをみて驚愕してしまいました。
私の場合、まずは食べ物のカロリーをきちんと見ることからのスタートでした。
ざっと計算すると食事制限の前は一日で2000キロカロリーくらいとっていました。それで運動もしないのですから、痩せるわけありません。
ですので、ますは油ものをあまりとらなくていいようにという食生活に変えました。
炒め物などにはしないで茹でたり蒸したりしてカロリーを若干でも落とすのです。
それだけでずいぶん変わりますし、また私も年をとってきたので胃もたれしていたものが油ものにしないだけでも胃もたれしなくなりました。
野菜なども今までは炒めて茶色くなったものばかり食べていたのですがこれをやめて、サラダにしたりするようにしました。
私の家族からよく「食卓が茶色い」と言われていたのですが、トマトにしたりサラダにしたりするだけで茶色い食卓がきれいになりました。家族からも好評でした。
私が今まで買うことのなかったようなパプリカを買ったり、彩りに工夫をするようにすると食べることも楽しくなってきました。
今までのように、適当に炒めたものを食べてお腹いっぱいまで食べること、これをやめただけでも随分心持ちも変わりました。

一日の摂取カロリーを1200キロカロリーまでに制限したのですが、低カロリーのものをたくさん食べることができる、というのも楽しいですし、きのこが低カロリーだというのも恥ずかしい話ですが初めて知ったのです。
そしてお茶を飲み続ける事ももちろん続けました。
自分の知らないことを、ダイエットついでに知ることができて、それを活かすことができるというのは、すごく参考になりましたし、ダイエットも捗りました。
おかげで一ヶ月で四キロ痩せることに成功しました。
まだダイエットは続けていますが、いかにおいしいものをバランスよくとれるか、というのを考えるのが楽しいです。